教育目標

  1. 生命の尊さを学び、深い人間愛をめざし、健康で豊かな人間性を養う。
  2. 看護の対象である人間を総合的に理解する学習を深め、健康上の問題を解決できる能力を養う。
  3. 科学、医療技術の進歩に関心をもち、看護の質の向上に努め、社会の要求に対応できるよう創造的且つ研究的態度を身につける。
  4. 保健・医療・福祉チームの一員として、人間関係を円滑に図り、看護の役割を認識し、看護活動が展開できる能力を養う。
  5. 調和のとれた社会人として、自己研鑽できる能力を養う。

分野別学習内容

●基礎分野

日本語表現
情報科学
哲学
心理学
自然環境論
社会学
経済学
人間関係論
英語I~III

●専門分野

看護学概論
看護研究
基礎看護学方法論I~VI
成人看護学概論
成人看護学方法論I~V
老年看護学概論
老年看護学方法論I~III
小児看護学概論
小児看護学方法論I~III
母性看護学概論
母性看護学方法論I~III
精神看護学概論
精神看護学方法論I~III

●専門基礎分野

代謝・栄養学
形態機能学I~IV
病理学
微生物学
疾病論I~V
治癒論I・II
地域保健医療論
関係法規
社会福祉

●統合分野

在宅看護概論
在宅看護方法論I~III
医療安全
看護国際理解
災害看護I~II
看護管理
統合演習

●臨地実習

基礎看護学実習I・II
在宅看護論実習
成人看護学実習I~III
老年看護学実習I・II
小児看護学実習
母性看護学実習
精神看護学実習
統合実習