学校の沿革

東三河看護専門学校の沿革

昭和58年 明陽会理事会の決議により看護学校創設に向けて運営開始
昭和62年 明陽会本部に看護学校(2年課程)の設立準備室が設置
明陽会理事会にて、公式名称を東三河看護専門学校とする
平成2年 7月:設置・施設設備申請書提出
平成3年 1月:厚生省審議会審査より開学・開校申請に対し承認される
平成3年 2月:羽根井本町・現在地に校舎竣工
平成3年 2月:第1回入学試験
平成3年 4月8日:開学式・第1回生入学式
平成7年 3月2日:専門士(医療専門士課程)の称号授与
平成10年 8月:2年課程カリキュラム改正に伴う在宅看護論実習室等、増改築実施
平成10年 10月:第1回課程変更に伴う準備会議開催
平成11年 1月:厚生省・愛知県に課程変更計画書 提出
平成12年 7月:課程変更申請書を提出
平成12年 12月:厚生省審議会より課程変更申請に対し、承認される
平成13年 4月:3年課程第1回入学生
平成14年 7月:オープンキャンパス開始
平成15年 3月:研修旅行(中国)にて国際交流
平成16年 3月:第11回生(3年課程)卒業
3月:研修旅行(韓国)にて国際交流
平成17年 8月:看護実習室等拡張工事終了
平成19年 6月:男子学生入学に伴う学則変更
平成19年 8月:男子学生入学に伴う校舎改築
平成19年 10月:社会人入試実施
平成20年 4月:男女共学となる
平成23年 2月:創立20周年記念式典
平成27年 3月:宮城県・盛岡・宮古 東日本震災研修旅行
平成27年 7月:広島・神戸 平和・震災教育研修旅行
平成28年 7月:東京 国立ハンセン病資料館・他 研修旅行
平成29年 7月:京都・大阪 延暦寺宿泊 研修旅行
平成30年 7月:東京 近代医科学記念館・日本赤十字社・他 研修旅行