陽子線治療で治療できるがん

 陽子線治療で治療できるがん について

対象となるがんの治療には、3種類の方法があります。
健康保険による治療、先進医療による治療、自由診療による治療です。
これらはがんの種類と状態により以下のように定められています。

健康保険による治療
 ①切除非適応※1の骨軟部腫瘍
※1手術による根治的な治療が困難
 ②頭頚部腫瘍※2
   ※2耳鼻咽喉科・歯科/口腔外科のがん
 (ただし口腔、咽頭、喉頭の扁平上皮癌をのぞく)
 ③前立腺癌(転移を有するものをのぞく)
 ④小児腫瘍(20歳未満に発生した限局性の固形悪性腫瘍)

先進医療による治療

脳脊髄腫瘍神経膠腫、神経膠芽腫、胚細胞腫瘍、髄膜腫、下垂体腫瘍、頭蓋咽頭腫、髄芽腫、上衣腫、奇形腫/ラブドイド腫瘍、原始神経外胚葉腫瘍、その他の脳腫瘍
頭頚部腫瘍咽頭/喉頭/口腔の扁平上皮癌
肺、縦隔腫瘍限局性肺癌、局所進行非小細胞肺癌、縦隔腫瘍
消化管腫瘍局所進行食道癌、局所再発性直腸癌
肝胆膵腫瘍肝細胞癌、肝内胆管癌、局所進行膵癌、胆道癌
泌尿器腫瘍腎癌、精巣腫瘍、膀胱癌
婦人科腫瘍局所進行子宮頸癌、体癌
転移性腫瘍転移性リンパ節、転移性肝腫瘍、転移性肺腫瘍

これらの腫瘍が先進医療として治療されるためには、さらに細かい条件が日本放射線腫瘍学会にて決められており、それらの条件を満たしている必要があります。

自由診療による治療

健康保険による治療・先進医療による治療以外のがんであっても、これまでX線で治療できたがんについて、陽子線でより良い効果が期待できる場合には陽子線治療を行うことがあります。この場合、自由診療での治療となります。

治療の適応になるかは、それぞれの患者さまの腫瘍の状態にもよりますで、主治医を通して受診していただくか、当院のセカンドオピニオン外来にご相談ください。


対象となるがんの治療には、3種類の方法があります。
健康保険による治療、先進医療による治療、自由診療による治療です。
これらはがんの種類と状態により以下のように定められています。

健康保険による治療
①切除非適応※1の骨軟部腫瘍
 ※1手術による根治的な治療が困難な”という意味
②頭頚部腫瘍※2
 ※2耳鼻咽喉科・歯科/口腔外科のがん”という意味
(ただし口腔、咽頭、喉頭の扁平上皮癌をのぞく)
③前立腺癌(転移を有するものをのぞく)
④小児腫瘍(20歳未満に発生した限局性の固形悪性腫瘍)

先進医療による治療

脳脊髄腫瘍神経膠腫、神経膠芽腫、胚細胞腫瘍、髄膜腫、下垂体腫瘍、頭蓋咽頭腫、髄芽腫、上衣腫、奇形腫/ラブドイド腫瘍、原始神経外胚葉腫瘍、その他の脳腫瘍
頭頚部腫瘍咽頭/喉頭/口腔の扁平上皮癌
肺、縦隔腫瘍限局性肺癌、局所進行非小細胞肺癌、縦隔腫瘍
消化管腫瘍局所進行食道癌、局所再発性直腸癌
肝胆膵腫瘍肝細胞癌、肝内胆管癌、局所進行膵癌、胆道癌
泌尿器腫瘍腎癌、精巣腫瘍、膀胱癌
婦人科腫瘍局所進行子宮頸癌、体癌
転移性腫瘍

転移性リンパ節、転移性肝腫瘍、転移性肺腫瘍

これらの腫瘍が先進医療として治療されるためには、さらに細かい条件が日本放射線腫瘍学会にて決められており、それらの条件を満たしている必要があります。

自由診療による治療

健康保険による治療・先進医療による治療以外のがんであっても、これまでX線で治療できたがんについて、陽子線でより良い効果が期待できる場合には陽子線治療を行うことがあります。この場合、自由診療での治療となります。

治療の適応になるかは、それぞれの患者さまの腫瘍の状態にもよりますで、主治医を通して受診していただくか、当院のセカンドオピニオン外来にご相談ください。

Body
  • センターのご紹介
  • 陽子線治療とは
  • 適応疾患
  • 受診を希望される方へ
  • 医療機関の方へ
  • よくある質問
error: