2018年4月より成田記念陽子線センターが開院いたしました。
実際に当院で陽子線の治療を開始するのは2018年9月の予定です。
それまでの間は、「外来診察」と「セカンドオピニオン外来」を行います。
治療開始まで時間があるため、いまのところ(平成30年4月現在)
治療の受付をおこなうのは前立腺癌の患者様です。
それ以外の腫瘍の患者様は診察のみ(相談のみ)となりますことを、
あらかじめご了承ください。

外来受診のためには、かかりつけ医(主治医)を通じての予約をお取りいただきます。
受診を希望の方は、まずかかりつけ医にご相談ください。


●東海地方ではじめての民間病院による陽子線治療施設

【人の優しさと温かさを根源にした先進の医療を目指して】
を軸に民間病院の自由度を活かし地域が必要とする医療を追及した結果、陽子線治療センターの開設を決定いたしました。
陽子線治療を希望される患者様には変わらぬ社会生活を重視した優しい先進の治療を提供できるよう職員一同誠心誠意努める事をマニフェストとし地域医療に貢献したいと考えております。

「豊橋駅西口の新たなシンボルとして、地域の皆様にも陽子線治療を身近に知って頂けるような地域に開かれた建築設計に致しました。 建物内には、治療を受けられる患者さんやご家族の不安や緊張を和らげるための自然光を多く採り入れたやすらぎの場所を提供したいと考えております。」
山下設計 伊藤 潤
Proton1-3


●高精度な次世代の小型治療装置の導入

最新の技術(ペンシルビームスキャニング)で複雑な形状の腫瘍でも正確に陽子線の照射を可能とし、正常組織へのダメージ・副作用を低減します。

●豊橋駅から徒歩3分の利便性

東三河交通の拠点でもある豊橋駅から徒歩数分で社会生活を重視した通院治療を可能とします。 患者様には生活の環境を変える事がなく可能な限りストレスがない治療を目指します。
アクセスマップはこちら

●患者様の意見・環境を最重視した治療運営

成田記念陽子線センターはセカンドオピニオン外来の開設いたしました。 患者様からの要望を重視した最適な治療を提供できるよう努めます。

●がん治療における病診連携の強化

他施設からの患者様のご依頼・ご相談には速やかに対応させて頂きます。
また大学病院・がん診療連携拠点病院とのネットワークを構築・強化し民間病院ならではの規制にとらわれない患者様のためのセンター運営を目指します。