院長挨拶

新病院の開院を機に一言ごあいさつ申し上げます。
9月1日より、待ちに待った新病院がスタートしました。

新病院は来るべき災害を想定し、十分な耐震性と機能を持たせてあり、災害発生時には拠点病院としての責務が果たせるように体制とシステムの整備も重ねてまいりました。さらに新しい医療機器を導入し、がん診断(PET-CT)、最先端放射線治療装置(トモセラピー)が可能になり、先進医療機器の充実も図りました。

当院は地域の救急医療や住民の健康保持に尽力を注ぎ、皆様が安心して暮らせるように地域医療を支えることが大切だと考えます。

今後も診療体制の充実と人材育成の取り組みなどをより進め、今まで以上に地域医療の発展に貢献し、患者様にとって心地良く感じる医療・療養環境整備に努めてまいります。

そして地域に根付いた開かれた病院を目指し、一層前進してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。