医師

    院長 
    成田 真

    昭和57年昭和大学卒
    医学博士
    日本内科学会認定内科医・指導医
    日本消化器病学会専門医
    日本消化器内視鏡学会専門医
    日医認定産業医
    健診センター長 
    大谷 宣人

    昭和47年北海道大学卒
    医学博士
    日本内科学会認定内科医・指導医
    日本消化器病学会専門医
    日本肝臓学会認定肝臓専門医
    日本内科学会東海地方会評議員
    日医認定産業医
    内視鏡センター長/消化器内科部長 
    溝口 直人

    昭和60年名古屋市立大学卒
    医学博士
    日本内科学会東海支部評議員
    日本内科学会認定総合内科専門医・指導医
    日本消化器病学会専門医・指導医
    日本消化器内視鏡学会専門医
    日本肝臓学会認定肝臓専門医
    日医認定産業医
    健康スポーツ医
    部長 
    飯田 章人

    平成8年愛知医科大学卒
    医学博士
    日本内科学会 認定医
    日本消化管学会 胃腸科専門医・指導医
    日本消化器病学会 消化器病専門医・指導医
    日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・指導医
    部長 
    羽場 真

    平成16年新潟大学卒
    日本内科学会 総合内科専門医
    日本消化器病学会 消化器病専門医
    日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
    日本胆道学会認定指導医
    医員 
    外山 貴洋

    平成25年三重大学卒
    顧問 
    山雄 健次

    昭和51年名古屋大学卒
    日本膵臓学会前理事
    日本胆道学会前理事
    日本消化器病学会専門医・指導医
    日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
    日本超音波学会医学会専門医・指導医
    日本大学医学部客員教授
    上海交通大学新华医院 栄誉教授

診療内容

日本内科学会認定教育病院
日本消化器病学会認定施設
日本消化器内視鏡学会認定指導施設

●消化管疾患、肝疾患、胆膵疾患など全ての消化器系疾患を対象としています。

上部消化管疾患では、主に逆流性食道炎や胃十二指腸潰瘍、食道癌、胃癌が中心です。上部消化管内視鏡は、月~土曜日まで毎日施行しています。透析中の方や抗凝固剤服用中の方の吐下血の依頼が多く、依頼を受けたら可及的速やかに緊急内視鏡を施行し内視鏡的止血術を施行しています。また、食道静脈瘤の内視鏡的治療、胃癌に対する内視鏡的粘膜切除術、内視鏡的胃瘻造設術も行っています。ヘリコバクター・ピロリ除菌療法も積極的に行っています。下部消化管疾患では大腸ポリープ、大腸癌、炎症性腸疾患、過敏性腸炎、感染性腸炎などが主体です。検診で便潜血陽性を指摘された方には全大腸内視鏡検査をfirst choice で行い、ポリープが発見されれば一泊入院で内視鏡的切除を行っています。潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性疾患には透析科と協議の上、血球成分除去療法などの新しい治療法を導入しています。

慢性肝疾患に対してはC型肝炎に対するPegIFN+リバビリン療法やB型肝炎に対する核酸アナログ製剤による治療を行っています。また、肝臓癌に対しては、早期発見システムの確立に加え、早期肝癌に対しては局所治療を、進行肝癌に対しては放射線科の協力の下、TAEやTAI、動注リザーバー療法をはじめ集学的治療を積極的に取り入れています。

膵疾患や胆道系疾患に関しても、胆石・胆嚢炎や急性・慢性膵炎などの良性疾患から胆管癌や膵癌などの悪性疾患に至るまで、MRCPや3DCTなど最新の各種画像診断法を駆使した正確な診断を行っています。また、PTGBDやERBDなどの減黄術や、EST、EPBDなどの総胆管結石に対する治療、閉塞性黄疸に対する胆管ステント留置術などを行っています。

また毎週消化器科・外科・放射線科合同カンファレンスを行うなど各科との連携も密で、手術を要する疾患は迅速に診断し充分なインフォームドコンセントの下で安全確実な治療法の選択を行っています。地域の医療施設、訪問看護ステーションとも密接に連絡をとり質の高い医療を提供できるように心掛けております。

主な対象疾患

消化管疾患(逆流性食道炎、食道癌、食道静脈瘤、胃炎、消化性潰瘍、胃癌、大腸癌、大腸ポリープ、クローン病、潰瘍性大腸炎、虚血性大腸炎など)、肝胆疾患(急性・慢性肝炎、肝硬変、肝癌、胆石症、胆管癌)、膵疾患(急性・慢性膵炎、膵癌)

診療実績

平成28年度の主な検査・治療実績

上部消化管内視鏡 1,668例
下部消化管内視鏡 835例
(内視鏡的止血術) 32例
大腸ポリープ切除術 305例
内視鏡的逆行性膵胆管造影 14例
内視鏡的胃瘻造設術 14例
経皮的胆管ドレナージ 7例
内視鏡的胆道ステント留置 52例
経皮経肝胆道ステント挿入 1例

外来患者数  19,017名
入院患者数    834名

業績

「多発性肝膿瘍、脾膿瘍をきたした胃蜂窩織炎の1例」
坂田稔之、成田 真、大谷宣人、溝口直人、遠山 卓、三沢大介、山田尚史、塚田勝比古、武内俊彦
日本消化器病学会雑誌 2011;108:50-58

平成23年3月 第33回東三医学会
「心臓原発悪性リンパ腫の一剖検例」
成田記念病院消化器内科 藤城卓也、遠山 卓、成田 真、大谷宣人、溝口直人、坂田稔之、三沢大介

外来診療表

 
8:30~11:30

成田
(予約)

大谷

溝口

山雄

成田

飯田

山雄

溝口

羽場

吉峰
9:00~

飯田

羽場

外山
9:00~

成田

溝口

外山

第1・3週
交代
9:00~
11:00

第2週
春日井
(消化器
胸やけ
外来)
9:00~
11:00

1:00~3:00

山雄

休診 休診 休診 休診