医師

    副院長 
    大沼 哲朗

    昭和63年浜松医科大学卒
    医学博士、日本麻酔科学会指導医・専門医
    日本東洋医学会認定医
    国立大学法人浜松医科大学非常勤講師
    部長 
    中尾 康尚

    昭和63年山梨医科大学(現 山梨大学医学部)卒業
    日本麻酔科学会専門医
    部長 
    朝田 智紀

    平成17年宮崎大学医学部卒業
    日本麻酔科学会専門医
概要

当科の活動内容として手術の麻酔とペインクリニックの外来診療があります。

当院手術室は、2012年新病院移転より生まれ変わり、手術室支援システムの導入による手術室の効率化をはじめ、新規に麻酔器、モニター類を充実させたことにより安全で高度な手術に対応出来るよう、手術室環境が大幅に整備されました。
全身麻酔管理は消化器外科、胸部外科、血管外科、泌尿器科、整形外科、形成外科、耳鼻科、眼科、口腔外科、眼科手術に対して行われており、手術件数は年々増加の一途をたどっています。
ペインクリニックでは、頭痛、顔面・口腔内の痛み、首・肩・上肢の痛み、胸・背部痛、腰下肢痛、会陰・肛門部痛、全身痛など様々な要因による痛みの治療と、疼痛に伴う様々な心理的・身体的症状(不定愁訴など)に対して心身両面からの全人的医療を目指しています。主な対象疾患として、帯状疱疹後神経痛、CRPS、線維筋痛症、手術後疼痛症候群、慢性疲労症候群、身体症状症など機能性障害が病態となる慢性難治性疼痛があります。当科で可能な慢性難治性疼痛の治療法としては各種神経ブロック、近赤外線照射療法の他に東洋医学的アプローチ(漢方療法)、精神医学的アプローチ(認知行動療法)があります。また筋・筋膜性疼痛、頚椎症・腰椎症、帯状疱疹痛のような急性痛に対しては神経ブロック療法、薬物療法を中心に、また非疼痛性疾患の眼瞼痙攣・顔面痙攣に対してボツリヌス毒素注射を、多汗症に対して胸腔鏡下交感神経遮断術を行っています。

診療実績

平成29年度の手術件数は4,999症例で、全身麻酔管理が846症例でした。
平成29年度の外来患者数は、初診165人、再診3,483人でした。

業績

論文

特別企画 機能性身体症候群における漢方
 「膀胱痛、胃痛に対して漢方薬が有効であった身体症状症の1例」

 日本東洋心身医学研究 第31巻・第1/2号 2016年 大沼哲朗
「プレガバリン、トラマドールの副作用に対する漢方治療」
 Science of Kampo Medicine 漢方医学 Vol.39 No1:29-32. 2015 大沼哲朗
「全身痛を主訴に来院した機能性身体症候群(Functional Somatic Syndrome)に対して漢方治療が有効であった3症例」
 痛みと漢方 Vol.24:83-87. 2014 大沼哲朗 中尾康尚 朝田智紀
「うつによると思われる頚部痛に対して漢方治療が有効であった1例」
 日本東洋心身医学研究 第28巻・第1/2号 2013年 大沼哲朗
「柴朴湯が奏功した胸背部痛の1症例」
 痛みと漢方 Vol.21:111-114. 2011 大沼哲朗 中尾康尚 朝田智紀
「漢方薬と抗うつ薬の併用療法により軽快した難治性疼痛の1例」
 痛みと漢方 Vol.20:58-62. 2010 大沼哲朗

IT記事掲載

●2014年12月17日 QLife漢方(QLifeサイト)外来訪問(第33回) 大沼哲朗

講演

●2018年3月20日 豊橋市民病院 病診連携 漢方講演会(豊橋市民病院)
 「不定愁訴に使える漢方薬」 大沼哲朗
●2017年1月12日 平成29年度健康管理講習会(名古屋高等裁判所)
 「運動と健康」~科学的根拠のある身体にいいこと~ 大沼哲朗
●2017年11月11日 岡崎薬剤師会研修会(岡崎商工会議所)
 「痛みと漢方薬」 大沼哲朗
●2017年9月8日 第3回岡崎地域医療連携講演会~緩和ケアセミナーin岡崎~(岡崎市民病院)
 「緩和ケアで使える漢方薬」~痛み、便秘、精神症状に~ 大沼哲朗
●2017年7月25日 安城市医師会学術講演会(安城市医師会館)
 「身近ですぐに使える漢方薬」 大沼哲朗
●2017年7月22日 ペインクリニック学会第51回大会 漢方セミナー(長良川国際会議場)
 ペインクリニシャンの日常臨床に役立つ漢方薬
 「心の痛み・身の痛み」~やっかいな痛みに対する漢方薬の役割~ 大沼哲朗
●2017年7月18日 豊橋市民病院 病診連携 漢方講演会(豊橋市民病院)
 「明日から使える漢方薬」(第3回) 大沼哲朗
●2017年7月4日 エーザイMR研修会(岡崎コミュニケーションオフィス)
 疼痛領域における診断と治療「厄介な痛みの対処法」 大沼哲朗
●2017年6月13日 東三河地区漢方医学勉強会(ロワジールホテル豊橋)
 「葛根湯の使い道」 大沼哲朗
●2017年3月28日 豊橋市民病院 病診連携 漢方講演会(豊橋市民病院)
 「明日から使える漢方薬」(第2回) 大沼哲朗
●2017年3月25日 平成28年度岐阜産科婦人科研究会(グランヴェール岐山)
 「女性に多い痛みと漢方」 大沼哲朗
●2017年2月25日 漢方フォローアップセミナー(岡崎市竜美丘会館)
 「身近ですぐに使える漢方薬」~生薬ユニットから考える~
 「やっかいな痛みと漢方薬」~西洋薬にはない魅力にせまる~
 大沼哲朗
●2017年2月14日 東三河地区漢方医学勉強会(ロワジールホテル豊橋)
 「当帰四逆加呉茱萸生姜湯の使い道」 大沼哲朗
●2017年1月24日 第2回浜松医科大学 漢方医学研修会2017(浜松医科大学)
 「日常診療における漢方の使い方Ⅱ やっかいな痛みと漢方薬~西洋薬にはない魅力にせまる~」 大沼哲朗
●2017年1月21日 豊明整形セミナー(藤田保健衛生大学)
 『厄介な痛みの対処法』 大沼哲朗
●2017年1月13日 平成28年度健康管理講習会(名古屋高等裁判所)
 『痛みと漢方薬』~頭痛, 肩こり等の痛みと漢方薬について~ 大沼哲朗
●2016年12月13日 第150回岡崎蘇葉会(岡崎市医師会公衆衛生センター)
 「心の痛み、身の痛み」 大沼哲朗
●2016年12月1日 碧南地域医療連携講演会 (碧南市民病院)
 「身近ですぐに使える漢方薬」~生薬ユニットから考える~ 大沼哲朗
●2016年11月24日 平成28年度第2回救急医療医師研修会(愛知医師会館)
 『困った痛みに役立つ漢方薬』-心の痛み、身体の痛み- 大沼哲朗
●2016年11月19日 第9回豊川脳神経疾患(脳卒中等)連携ネットワーク学術講演会(豊川市民病院)
 『厄介な痛みの対処法』 大沼哲朗
●2016年11月15日 西尾幡豆漢方研究会 (西尾市医師会館)
 「心の痛み、身体の痛み」-ストレスからの痛みも含む漢方薬の役割- 大沼哲朗
●2016年11月8日 第149回岡崎蘇葉会(岡崎市医師会公衆衛生センター)
 「身近ですぐに使える漢方薬」 大沼哲朗
●2016年11月1日 豊橋市民病院 病診連携 漢方講演会(豊橋市民病院)
 「明日から使える漢方薬」(第1回) 大沼哲朗
●2016年10月23日 実践漢方セミナー (名鉄トヨタホテル)
 「心の痛み・身の痛み」~やっかいな痛みに対する漢方薬の役割~ 大沼哲朗
●2016年9月30日 藤枝市立総合病院地域連携漢方講演会(藤枝市立総合病院)
 「知って得する 元気の漢方と痛みの漢方」~西洋薬にない魅力にせまる~ 大沼哲朗
●2016年9月13日 東三河地区漢方医学勉強会(ロワジールホテル豊橋)
 「抑肝散の使い道」 大沼哲朗
●2016年9月7日 かかりつけ医のための痛み講座(豊川市民プラザ)
 「厄介な痛みの対処法」~神経障害性疼痛のマネジメント~ 大沼哲朗
●2016年8月6日 痛みの漢方セミナー (大阪 ヒルトンプラザウエスト)
 「心の痛み、身の痛み」~やっかいな痛みに対する漢方薬の役割~ 大沼哲朗
●2016年7月30日 豊橋漢方研究会 (名豊ビル)
 「身近ですぐ使える漢方薬」~生薬ユニットから考える~ 大沼哲朗
●2016年7月26日 西尾幡豆漢方研究会 (西尾市医師会館)
 「身近ですぐ使える漢方薬」~生薬ユニットから考える~ 大沼哲朗
●2016年7月12日 豊橋痛みの研究会 (ホテルアソシア豊橋)
 『心の痛み・身の痛み』~やっかいな痛みの対処法~ 大沼哲朗
●2016年3月26日 勤務医のためのやさしく学べる漢方セミナー(金沢都ホテル)
 「心の痛み 身体の痛み」-ストレスからの痛みも含む漢方薬の役割-
 ①「私が漢方薬を使うきっかけ よく使う漢方」
 ②「心の痛み 身体の痛み」に効く漢方薬を例に
 大沼哲朗
●2016年3月8日 東三河地区漢方医学勉強会(ロワジールホテル豊橋)
 「不安と漢方薬」 大沼哲朗
●2016年3月5日 第52回日本東洋心身医学研究会(品川インターシティホール)
 ワークショップ:機能性身体症候群における漢方
 「膀胱痛、胃痛に対して漢方薬が有効であった身体症状症(不安神経症)の一症例」 大沼哲朗
●2016年1月21日 第2回浜松医科大学 漢方医学研修会2016(浜松医科大学)
 「日常診療における漢方の使い方Ⅱ~痛みと漢方~」 大沼哲朗
●2016年1月15日 平成27年度健康管理講習会(名古屋高等裁判所)
 『心の痛み・身の痛み』~頭痛・腰痛などやっかいな痛みについて~ 大沼哲朗
●2015年11月24日 安城市医師会生涯教育研修会(安城医師会館)
 「厄介な痛みの対処法」~神経障害性疼痛のマネジメント~ 大沼哲朗
●2015年10月13日 東三河地区漢方医学勉強会(ロワジールホテル豊橋)
 「口腔内の痛みと漢方治療」 大沼哲朗
●2015年10月8日 かかりつけ医のための神経障害性疼痛セミナー in 湖北(北ビワコホテル)
 「厄介な痛みの対処法」~神経障害性疼痛のマネジメント~ 大沼哲朗
●2015年8月25日 かかりつけ医のための医学講座(ホテルアソシア豊橋)
 「厄介な痛みの対処法」~神経障害性疼痛のマネジメント~ 大沼哲朗
●2015年7月21日 第5回浜松医科大学 漢方医学研修会2015(浜松医科大学)
 「日常診療における漢方の使い方4~ストレス疾患と漢方~」 大沼哲朗
●2015年7月8日 東濃市区漢方セミナー (恵那文化センター)
 「身の痛み・心の痛み」~ストレスからの痛みも含む漢方薬の役割~ 大沼哲朗
●2015年6月17日 第429回新城市医師会学術講演 (新城市保健センター)
 「心の痛み・身の痛み~やっかいな痛みの対処法~」 大沼哲朗
●2015年5月19日 第4回浜松医科大学 漢方医学研修会2015(浜松医科大学)
 「日常診療における漢方の使い方3~高齢者・女性疾患~」 大沼哲朗
●2015年4月14日 東三河地区漢方医学勉強会(ロワジールホテル豊橋)
 「皮膚掻痒症と漢方治療」 大沼哲朗
●2015年3月17日 第3回浜松医科大学 漢方医学研修会2015(浜松医科大学)
 「日常診療における漢方の使い方2~消化器疾患~」 大沼哲朗
●2015年2月28日 病院勤務医師のための漢方セミナー(名古屋栄東急イン)
 『漢方薬の生薬ユニットという考え方』
 ①「私が漢方薬を使うきっかけ よく使う漢方」
 ②「『心の痛み 身体の痛み』に効く漢方薬を例に」
 ③「漢方の診断方法(腹診の解説と実技)」
 大沼哲朗
●2015年2月10日 東三河地区漢方医学勉強会(ロワジールホテル豊橋)
 「食欲不振と漢方治療」 大沼哲朗
●2015年1月27日 第2回浜松医科大学 漢方医学研修会2015(浜松医科大学)
 「日常診療における漢方の使い方1~痛み-頭痛・神経痛・関節痛~」 大沼哲朗
●2015年1月9日 平成26年度健康管理講習会(名古屋高等裁判所)
 『心の痛み・身の痛み』~頭痛・腰痛などやっかいな痛みについて~ 大沼哲朗
●2014年11月26日 豊橋医療センター 病診連携 漢方講演会
 「心の痛み・消化器疾患・がんとQOL」 大沼哲朗
●2014年11月11日 第1回浜松医科大学 漢方医学研修会2014
 「分かりやすい漢方医学~まず使ってみよう感冒を例に~」 大沼哲朗
●2014年10月21日 桜山漢方勉強会(名市大医学部)
 「日常診療における漢方の使い方4~漢方医学と西洋医学の融合・ストレス疾患~」 大沼哲朗
●2014年9月27日 第24回日本医療薬学会年会 ランチョンセミナー3(名古屋国際会議場)
 「効く理由はここにあった 漢方薬の生薬ユニットという考え方~『心の痛み、身の痛み』に効く漢方薬を例に」 大沼哲朗
●2014年9月24日 漢方を学ぶ会(岐阜市 グランヴェール岐山)
 「心の痛み、身の痛み~やっかいな痛みに対する漢方薬の役割~」 大沼哲朗
●2014年9月16日 桜山漢方勉強会(名市大医学部)
 「日常診療における漢方の使い方3~高齢者・女性疾患~」 大沼哲朗
●2014年9月9日 東三河地区漢方医学勉強会(ロワジールホテル豊橋)
 「感冒後咳嗽」 大沼哲朗
●2014年9月6日 病院勤務医のための漢方セミナー(静岡県駿東郡清水町)
 ①「日常診療における漢方の使い方1~痛み‐頭痛・神経痛・関節痛~」
 ②「日常診療における漢方の使い方2~消化器疾患・がんとQOL~」
 大沼哲朗
●2014年8月30日 病院勤務若手医師のための漢方セミナー(名古屋安保ホール)
 『身近で使える漢方薬』~生薬ユニットから考える~ 大沼哲朗
●2014年8月21日 愛知県病院薬剤師会東三河支部学術講演会(ホテルアソシア豊橋)
 『慢性疼痛の薬物治療』~心の痛み・身の痛み~ 大沼哲朗
●2014年8月20日 西三河地区 慢性疼痛治療を考える会(グランドティアラ安城)
 『心の痛み・身の痛み』~やっかいな痛みの対処法~ 大沼哲朗
●2014年8月19日 桜山漢方勉強会(名市大医学部)
 第3回「日常診療における漢方の使い方~消化器疾患~」 大沼哲朗
●2014年7月29日 第5回浜松医科大学 漢方医学研修会2014(浜松医科大学)
 「日常診療における漢方の使い方4~漢方医学と西洋医学の融合・ストレス疾患~」 大沼哲朗
●2014年7月15日 桜山漢方勉強会(名市大医学部)
 第2回「日常診療における漢方の使い方~痛み 頭痛・神経痛・関節痛~」 大沼哲朗
●2014年6月17日 桜山漢方勉強会(名市大医学部)
 第1回「分かりやすい漢方医学~まず使ってみよう感冒を例に~」 大沼哲朗
●2014年7月3日 三河南部 痛みの治療を考える会(西尾市 三河湾リゾートリンクス)
 『心の痛み・身の痛み』~やっかいな痛みの対処法~ 大沼哲朗
●2014年5月22日 漢方ナイトフォーラム in 東濃(多治見市産業文化センター)
 「心の痛み、身の痛み-やっかいな痛みに対する漢方薬の役割-」 大沼哲朗
●2014年5月20日 第4回浜松医科大学 漢方医学研修会2014(浜松医科大学)
 「日常診療における漢方の使い方3~高齢者・女性疾患~」 大沼哲朗
●2014年3月25日 第3回浜松医科大学 漢方医学研修会2014
 「日常診療における漢方の使い方2~消化器疾患・がんとQOL~」 大沼哲朗
●2014年3月13日 第45回平成漢方研究会
 「心の痛み、身の痛み-やっかいな痛みに対する漢方薬の役割-」 大沼哲朗
●2014年2月26日 第8回アクセスミーティング
 「慢性疼痛治療と薬物療法~オピオイドの役割~」 大沼哲朗
●2014年2月18日 東三河地区漢方医学勉強会
 「疲労と漢方」 大沼哲朗
●2014年1月23日 第44回平成漢方研究会
 「症候別ワンポイントレッスン‐インフルエンザ・感冒・咽喉頭異常感症・気分障害‐」 大沼哲朗
●2014年1月21日 第2回浜松医科大学 漢方医学研修会2014
 「日常診療における漢方の使い方~痛み‐頭痛・神経痛・関節痛~」 大沼哲朗
●2013年12月4日 慢性疼痛について考える会 In 豊田
 「慢性疼痛治療と薬物療法~オピオイドの役割~」 大沼哲朗
●2013年11月13日 豊橋 痛みのケア研究会
 「心の痛み、身の痛み~やっかいな痛みにどう向かう!?~」 大沼哲朗
●2013年11月12日 第1回浜松医科大学 漢方医学研修会2013
 「分かりやすい漢方医学~まず使ってみよう感冒を例に~」 大沼哲朗
●2013年10月6日 病院勤務医のための漢方セミナー(静岡)
 ①「漢方医学の基本理論」②「心の痛み、身の痛み」③症候別ワンポイントレッスン 大沼哲朗
●2013年9月11日 東三河メンタルヘルス研究会
 「心の痛み、身の痛み」 大沼哲朗
●2013年9月10日 東三河地区漢方医学勉強会(ロワジールホテル豊橋)
 「夏バテと漢方」 大沼哲朗
●2013年9月9日 島田市地域医療連携研修会
 「心の痛み、身の痛み~やっかいな痛みに対する漢方薬の役割」 大沼哲朗
●2013年8月23日 ヤンセン株式会社社内勉強会
 「痛みの治療 オピオイドの役割」 大沼哲朗
●2013年7月6日 第26回 日本疼痛漢方研究会学術集会 優秀賞ノミネート講演
 「全身痛を主訴に来院した機能性身体症候群(Functional Somatic Syndrome)に対して漢方治療が有効であった3症例」 大沼哲朗 中尾康尚 朝田智紀
●2013年4月9日 東三河地区漢方医学勉強会(ロワジールホテル豊橋)
 「帯状疱疹後神経痛と漢方薬」 大沼哲朗
●2013年2月27日 痛みについて学ぶ会 in 蒲郡
 「痛みに対する最新の治療」~症例ディスカッションをふまえて~ 大沼哲朗
●2013年2月23日 第210回 東三河漢方研究会
 「心の痛み、身の痛み」~やっかいな痛みに対する漢方薬の役割~ 大沼哲朗
●2013年1月29日 久光製薬情報担当者勉強会
 「慢性疼痛の治療」 大沼哲朗
●2012年11月13日 東三河地区漢方医学勉強会
 「風邪と漢方」~風邪初期の漢方薬~ 大沼哲朗
●2012年10月4日 痛みについて学ぶ会 in 新城
 「痛みに対する最新の治療 症例ディスカッションをふまえて」 大沼哲朗
●2012年9月29日 東三河慢性疼痛懇話会
 「J-PAT (Japan Pain Assessment & Treatment) Practical Approach1 PA1)」 大沼哲朗
●2012年9月13日 大塚製薬工場名古屋支店社内勉強会
 「痛みについて」 大沼哲朗
●2012年6月12日 東三河地区漢方医学勉強会
 「うつ状態とうつ病に対する漢方治療」 大沼哲朗
●2012年5月17日 田原医師会生涯教育研修会
 「痛みに対する最新の治療」 大沼哲朗
●2012年4月25日 東三河 痛みを学ぶ会
 「痛みに対する最新の治療」~症例ディスカッションをふまえて~ 大沼哲朗
●2012年2月14日 東三河地区漢方医学勉強会
 「アレルギー性鼻炎と漢方薬」 大沼哲朗
●2011年11月24日 豊橋内科医学会学術講演会
 「慢性疼痛について」(ミニレクチャー) 大沼哲朗
●2011年10月13日 豊川内科医会学術講演会
 「慢性疼痛の治療」 大沼哲朗
●2011年10月11日 東三河地区漢方医学勉強会
 「心因性疼痛と漢方薬 ~気鬱と理気剤~」 大沼哲朗
●2011年6月2日 Non Cancer Pain セミナー
 「痛みの治療とは? ~薬物療法を中心に~」 大沼哲朗
●2011年5月28日 眼科医勉強会
 「いざという時のために ~一次救命処置を中心に~」 大沼哲朗
●2011年4月12日 東三河地区漢方医学勉強会
 「頭痛と漢方」 大沼哲朗

発表

●2018年2月13日 東三河地区漢方医学勉強会(ロワジールホテル豊橋)
 「左肩痛に対する漢方治療の1症例」 大沼哲朗
●2017年9月12日 東三河地区漢方医学勉強会(ロワジールホテル豊橋)
 「全身痛、不眠症に対して認知行動療法と漢方治療が有効であった一症例」 大沼哲朗
●2017年3月14日 東三河地区漢方医学勉強会(ロワジールホテル豊橋)
 「うつによると思われる背部痛に対して漢方治療が有効であった一症例」 大沼哲朗
●2016年10月11日 東三河地区漢方医学勉強会(ロワジールホテル豊橋)
 「慢性腰痛に対する漢方治療の1症例」 大沼哲朗
●2016年4月12日 東三河地区漢方医学勉強会(ロワジールホテル豊橋)
 「顔面痛に対する漢方治療の1症例」 大沼哲朗
●2015年6月9日 東三河地区漢方医学勉強会(ロワジールホテル豊橋)
 「全身痛に対する漢方治療の1症例」 大沼哲朗
●2014年12月9日 東三河地区漢方医学勉強会(ロワジールホテル豊橋)
 「心因性胃痛に対する漢方治療の1症例」 大沼哲朗
●2014年6月10日 東三河地区漢方医学勉強会(ロワジールホテル豊橋)
 「難治性片頭痛に対する漢方治療」~認知行動療法併用により改善した症例~ 大沼哲朗
●2013年12月10日 東三河地区漢方医学勉強会
 「子宮頸がん予防ワクチン接種後の副作用に対する漢方治療の1症例」 大沼哲朗
●2013年7月9日 東三河地区漢方医学勉強会
 「一見?でもこれあり」~下肢痛に対する漢方薬(一報)~ 大沼哲朗
●2013年3月12日 東三河地区漢方医学勉強会
 「身体の違和感から漢方治療計画を立てた 1 症例」~発病初期の漢方治療~ 大沼哲朗
●2013年3月2日 第49回日本東洋心身医学研究会
 「うつによると思われる頚部痛に対して漢方治療が有効であった症例」 大沼哲朗
●2012年10月9日 東三河地区漢方医学勉強会
 「頚部痛とうつに対する漢方治療で軽快した症例(第2報)」 大沼哲朗
●2012年5月8日 東三河地区漢方医学勉強会
 「頚部痛とうつに対する漢方治療」 大沼哲朗
●2011年12月13日 東三河地区漢方医学勉強会
 「口腔内疼痛と他の不定愁訴が漢方薬で軽快した症例」 大沼哲朗
●2011年7月12日 東三河地区漢方医学勉強会
 「胸痛と腹痛が漢方薬で軽快した症例」 大沼哲朗
●2010年11月7日 第40回日本東洋医学会東海支部学術集会
 「半夏厚朴湯と柴胡を含む方剤を合方することで胸背部痛が軽快した3症例」 大沼哲朗
●2010年9月4日 日本麻酔科学会東海・北陸支部第8回学術集会
 「ドロペリドールの硬膜外腔持続投与により両側眼球上転を生じた症例」 朝田智紀 中尾康尚 大沼哲朗
●2010年7月10日 第23回日本疼痛漢方研究会学術集会
 「柴朴湯が奏功した胸背部痛の1症例」 大沼哲朗
●2009年9月5日 日本麻酔科学会東海・北陸支部第7回学術集会
 「フェンタニルパッチ使用中の患者に対する術後鎮痛で相対的オピオイド過量を生じた症例」 朝田智紀 中尾康尚 大沼哲朗
●2009年8月1日 第22回日本疼痛漢方研究会学術集会
 「難治性疼痛に対する漢方薬と抗うつ薬の併用療法」 大沼哲朗

座長

●2015年10月3日 豊橋外科医会生涯教育研修会
 【特別講演】「痛みをとるということ-集学的治療の意義-」 飯田宏樹先生(岐阜大学) 大沼哲朗
●2014年11月6日 うつ病学術講演会 in 豊橋
 【一般講演】「抗不安薬と抗うつ薬の使い分け」 大瀧和男先生(かずおメンタルクリニック)
 【特別講演】「神経免疫学をうつ病治療にいかす」 高橋一志先生(東京女子医科大学) 大沼哲朗
●2011年3月17日 慢性疼痛を考える会 大沼哲朗

外来診療表

 
8:30~11:30
予約

朝田

大沼

中尾

朝田

大沼

中尾

お知らせ
慢性の痛みは難治性なこともあり、一人の治療に時間を要することも多く、お待たせすることもあり予約制となっております。また、他院で治療を受けられている方は基本的には病診連携からの紹介でお願い致します。